医療保険~高額療養費制度

医療費が高額になった場合、一定額を超えた分について、加入している公的医療保険(健保組合、国保、後期高齢者医療制度など)から払い戻してくれる制度を高額療養費制度といいます。1ヶ月の負担の上限額は、年齢や所得により異なりますが、次のような計算式で決められています。◎70歳以上現役並みの所得(窓口負担3割)80,100円+(医療費ー267,000円)一般44,400円住民税非課税総所得金額ゼロなら15,000円それ以外は24,600円◎70歳以下上位所得者150,000円+(医療費ー500,000円)×1%一般80,100円+(医療費ー267,000円)×1%住民税非課税35,400円上限額を超えている場合は、各医療保険に申請して、支給してもらいます。

高額療養費の計算をしてみよう

医療機関に支払う額が一定量を超えた場合には、高額療養費ということで、公的医療保険組合から保障料が支払われるという制度があります。これはあまり知られていない制度ではありますが、同一医療機関で多くの医療費がかかったという場合には、その計算をしてみるというのは、必要なことかもしれません。また、医療保険に入っているというときには、保障支払いの適用を受けることができるかもしれませんので、確認してみる必要がありますね。医療費については、いろいろと補助してくれる制度がありますので、その適用を受けることができないか、確認してみる必要がありますね。

お知らせ

2013-03-19 医療保険に事前に申請が追加されました。
2013-03-19 治療費を医療保険でが追加されました。
2013-03-19 医療保険の特約をが追加されました。
2013-03-19 トップページが追加されました。

医療費の払い戻しの情報

Copyright 医療保険の払い戻し制度 All rights reserved.