公的医療保険で受けられる保障

高額療養費制度は、病院や薬局で支払った医療費のうち、月々一定額を超えた額について、申請をすると支給される公的医療保険の制度です。上限額は、年齢が70歳以上かどうか、所得水準がどうかによって分けられます。同じ月なら、複数の医療機関での医療費を合算することができますが、それでも上限額を超えなければ、世帯合算を利用して、同じ医療保険に加入している家族分の医療費を合算することができます。また、1年以内に3回以上、高額療養費の支給を受けているときは、「多数回該当」として上限額の引き下げがあります。民間の医療商品に加入していなくても、公的制度でこれだけの保障を受けられますので、医療費が高額になった場合は、ご自分の加入している公的な所に申請するといいでしょう。

高額療養費を申請するには

高額療養費制度とは医療機関や薬局での支払いが月内で一定額を超えると、超えた金額が加入する医療保険から支給される制度です。その申請は、加入している公的医療保険に支給申請書を提出します。つまり、勤務先の健康保障組合、協会けんぽの都道府県支部、国民健康保障の市町村窓口などが提出先となります。また、入院の他に外来の治療でも高額の支払いが予定されている場合は事前に手続きを行うと、健康保障限度額適用認定証の交付を受ける事ができます。この認定証を医療機関に提出すると、限度額の支払いだけで済みます。高額の費用を窓口で支払わなくてもよくなりますので、事前に保障組合に相談しましょう。

医療費の払い戻しの情報

Copyright 医療保険の払い戻し制度 All rights reserved.